投資用ワンルームマンション購入で豊かな生活|投資は専門家から学ぶ

レディー

リスクをカバーできる

マンション

費用面など難易度が高い

マンションの一室を購入し賃貸経営するマンション投資は現在人気の投資方法ですが、一棟マンション投資は難易度が高い投資方法です。まずマンション一棟を手に入れる資金の問題です。一室であれば、ローンなどを組んで購入することは可能ですが、一棟になると桁違いに費用が掛かります。そのためサラリーマンなど一般庶民が副業として投資を行うことは難しくなります。もう一つの難しさは管理面です。管理会社にすべてを委託する方法もありますが、費用が莫大になります。またマンションの全体の管理も行う必要もあるのです。一部屋単位であれば、共有部分に関しての管理は責任範囲外です。しかし一棟となると共有部分を含めたマンション全体の管理責任が発生します。

ノウハウや知識が必要

一棟マンション投資は費用面や管理面で難しさがありますが、空室リスクを分散させるメリットもあります。部屋数を多く持っていると一つの部屋が空室になってもそのほかの部屋の利益でカバーすることができます。そのため空室のリスクが分散されるメリットがあります。またマンション自体を所有しているため、売却時に部屋単位の売却と異なり売却がしやすくなります。土地の分も考慮されるため、高い価格で買い取り手が見つかる可能性が高くなっています。しかし一棟マンション投資はある程度のスキルや知識やノウハウが必要であるため、一棟マンション投資の前にアパートなど小さな物件での経験を積んだうえで初めて挑戦するのが望ましいのです。